コストコ メニセーズチェバッタロール(20個入り)

1.メニセーズチェバッタロール(20個入り)

購入価格 598円(2019年12月)
本日は、メニセーズチェバッタロール(20個入り)を購入しました。このメニセーズのシリーズでは過去に「メニセーズミニパン(24個入り)」を購入したことがあるのですが、このメニセーズの前回記事で書いたのですが、日本テレビの番組「沸騰ワード10」で女優矢田亜希子さんが、週1ペースでコストコに通う際に、必ず買うという当商品メニセーズミニパン24個入りを拝見してから、購入してみました。パンと言えばベーカリーコーナーでしか買わなかったため最初は半信半疑でメニセーズを購入したのですが、これがイケルイケルだったので、今回はこのメニセーズシリーズのチェバッタロールに挑戦してみました。前回のメニセーズミニパンを購入して気が付いたのですが、賞味期限が何と1ヶ月弱と長期間保存できる上、仮焼き状態(半生状態)がパッケージに詰まっていることから食べたい時にパッケージから出して予熱したオーブン(200~220度)で10分~12分ほど焼くことにより焼きたてのパンを味わえることが何より魅力的でした。また、出来たてのパンのように表面がパリッパリの小麦色のパンを食べれることが何よりも魅力的であります。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。外はカリカリで、中はしっとりで出来立てパンを自宅で味わえます。今回もメニセーズミニパン同様に熱したオーブン(200~220度)で10分~12分ほど焼くこととなっておりますが、このメニセーズチェバッタロールは軽く水をふりかける必要はないみたいです。繰り返しになりますが、仕上がりはメニセーズミニパン同様に感想になりますが、表面がカリカリになったので、中身もバケットのようにカリカリに仕上がっているかと思いきや、柔らかくしっとり系になっております。まずは何も付けずにそのままを食べたのですが、メニセーズミニパンの場合は、気持ち少し塩っ気を感じましたが今回は塩っ気を一切感じません。なので、メニセーズミニパンように構えて食べる必要もないので安心して食べれます。食品表示にもあるように、1ヶ月弱とこの商品も賞味期限が長くなっております。その要因としては、以前に購入したことのある「クロワッサンシュトーレン」同様にサワー種(サワードウ)を使用しているところにあります。このサワードウは、小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種の一つで、このサワードウを使うことによって、サワードウの中の菌の働きにより、カビや腐敗に強いパンになるそうです。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です