コストコ USプライムビーフ肩ロースすき焼

1.プライムビーフ肩ロースすき焼

購入価格 3432円(2019年12月)
本日は、プライムビーフ肩ロースすき焼を購入しました。過去にも肉類として「USプライムビーフ肩ロース焼肉」や「USAビーフ三角バラカルビ焼肉」を購入したのですがコスパが良かったので今では必ずと言っていいほど肉類はコストコで購入しております。コストコで取り扱われている牛肉はアメリカンビーフがメインで、基本的にチルド状態で空輸で商品が運ばれます。そしてこの食品表示に上部に貼ってあるU.S.D.A.(アメリカ合衆国農務省)のシールは肉質の等級「牛の種類」「性別」「成熟度(若々しさ)」「サシ(霜降り)の多さ」によって分類され、プライム・チョイス・セレクト・スタンダード・コマーシャル・ユーティリティー・カッター・キャナーの8つの等級に分類されています。実際スーパーに並んでいるのは8分類の上位3位プライム・チョイス・セレクトの3等級のみらしいそうです。考え見れば私が過去に購入したUSプライムビーフ肩ロース焼肉はチョイスになっており、USAビーフ三角バラカルビ焼肉はプライムになっておりました。今回の商品もプライムになっているのでたしかに上位3等級の中に含まれます。もし、セレクトがあれば次回購入してみたいと思います。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。今回は商品の名のとおり、すき焼にして食べてみました。ここで驚くことがUSプライムビーフ肩ロース焼肉やUSAビーフ三角バラカルビ焼肉よりも肉厚が薄くスライスされていることによりすき焼き用の厚さになっていることです。大きさを測ってみると約長さ15㎝×幅5㎝程度あり、全体的に赤みが8割~9割を占めており、一部脂身が見られる白っぽい部分があります。しかし、脂身と言っても加熱によってほぼ脂身の部分も赤くなり、日本和牛の霜降り状態ではないのでそこは期待外れかもしれませんが、気にしない人にとってもはさほど気にならないかもしれません。私自身、そこまで霜降りを気にしないので問題なく食べれますし、思っていた以上にお肉が柔らかくて、食べごたえがありました。USプライムビーフ肩ロース焼肉やUSAビーフ三角バラカルビ焼肉を購入したときに感じたのが、赤みが多い分、脂身もなかったので、しっかり噛まないと硬かった記憶があったので、今回も気合を入れて噛もうと思ったのですが、そこまで気合を入れて噛む必要はありませんでした。本当に日本のスーパーに売っている牛肉と代わり映えはしないのですが、繰り返しになりますが脂身は少ないです。脂身好きな人にとっては少し物足りなさを感じる部分はあるかもしれませんのが一度、買ってみる価値はあります。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です