コストコ ローストビーフハイローラー

1.ローストビーフハイローラー

購入価格 1380円(2019年12月)
本日は、ローストビーフハイローラーを購入しました。以前に購入したことのあるコストコの定番商品「ハイローラー(B.L.T)」と同じと思いきやよく見ると新商品のポップが貼ってあり、よくみるとローストビーフとなっていたことからハイローラーと若干違うことに気が付きました。ホリデーシーズン限定商品となっていることやちょうどお昼時だったこともあり迷わず購入しました。このハイローラー系の商品は今から家に帰って料理を作るのがめんどくさい昼食や夕食にもってこいの商品で過去に「ハイローラー&クロワッサンサンドプラター」を購入した時も同じような状況でありました。ハイローラー(B.L.T)は定番商品で皆さんご存じのとおり、B.L.T=ベーコン、レタス、トマトなので、この食材が入っているのですが、このローストビーフハイローラーはベーコンの代わりにローストビーフが入っているようです。外観パッケージから覗き込んでも見てもわかるようにハイローラー(B.L.T)の比ではなく、中に包まれているローストビーフの量が半端ないです。ハイローラー(B.L.T)であれば、ベーコンよりもチーズやレタス、トマトの占める割合が多く、メインのベーコンは全体の2割程度しか占めていないのに対して、このローストビーフハイローラー全体の5~8割を占めている感じがします。試食する想像しただけで、楽しくなります。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ローストビーフが分厚くただただにくにくしいです。ハイローラー(B.L.T)の感覚でかぶりついてみたのですが、ローストビーフの厚みで噛み切れず一旦止まってしまいましたが、もう一度力強く噛み直したら噛み切れて口の中に入れることができました。特にローストビーフが硬い硬い訳ではなく、とても柔らかいのですが、ローストビーフが何重にも重なっていたことによる厚みによるもので、一瞬噛み切るための食感に抵抗感を感じます。口の中に入れれば、あとはとても柔らかいお肉なので喉元まで運ぶことはとても簡単です。ローストビーフ自体は塩辛いこともなく、ちょうどよい味覚で、そのかわりではないですが、マスタード、マヨネーズがしっかり感じられますし、何と言ってもハイローラー(B.L.T)同様にしっかり巻かれているトルティーヤがサンドイッチのパンの役割を果たしております。なので、とても腹持ちもよく、かと言って、腹が辛くなるほどのこってりではないのではないので本当にちょうどいい感じです。ホリデーシーズン限定商品と言うことから、クリスマスシーズンに向けての商品でした。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です