コストコ 博多あまおう(250g×2個入り)

1.博多あまおう(250g×2個入り)

購入価格 1398円(2019年12月)
本日は、博多あまおう(250g×2個入り)を購入しました。博多あまおうと言えば、以前に購入した「あまおうソフトクリーム」を思い出します。以前にも書いたのですが、あまおうを自分の中で勝手に「甘王」と思っていたのですが、全く違っており、商品の由来は「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字を取ったものになります。福岡県発祥のこのブランドは福岡県久留米市で主に生産されるイチゴ。果実は濃赤色でつやがあり、玉は大きめで形が整う。糖度が高く、程よい酸味があり、食味は濃厚で、ビタミンC豊富であります。福岡県農業総合試験場が交配し、2005年に品種登録されて現在に至っております。このあまおうの名称になるまでには、「つやまる」などの1900件になる応募があったそうですが、応募者の意向であるイチゴの王様になってほしいとの願いが込められていたそうです。当時の福岡県知事の麻生渡さんはいちご市場を東京に狙っており、こどもが親にねだるときにひらがなの方が馴染みやすいことからもこの商品名をひらがなにしたそうです。また名前の一文字一文字にこめた意味も宣伝するれば特徴もあってわかりやすいと考えたそうです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。中まで身が赤くてとても食べごたえがあり、とっても甘いです。普段スーパーなんかで売っているいちごを買うと大抵いちごの真ん中ら辺は白くなっていて甘みもないのですが、このあまおうは違います。とにかくこの赤い部分が真ん中の方まで来ており、中まで甘みを感じます。過去にいちごを食べた際に、酸味を感じるとすぐに「森永乳業 チューブれん乳(120g)」をかけないと食べれらないことがあったので、今回も万が一に備えて用意はしていたものの、一切必要はありませんでした。でも考えたら本当のいちごの甘さというものはこうやってれん乳をかけなくてもそのまま食べれるのが本来のいちごのおいしさなんだぁと感動したと同時に発見しました。この商品は1パックに15個入っており、1個の大きさも約5㎝もあり、サイズが大きいのなんのって一口では食べれませんので要注意です。普段から食べなれているスーパーで販売されている商品の感覚一口でいこうとしたのですが、へたまで届かずに途中で断念してししまいました。当然、子どもも数回に分けて食べていたので私が一口でいこうとしたのが浅はかでした(笑)。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です