コストコ 明治 アポロチョコレート(45袋入り)

1.明治 アポロチョコレート(45袋入り)

購入価格 1498円(2019年11月)
本日は、明治のアポロチョコレート(45袋入り)を購入しました。アポロは(株)明治の代表商品の一つでもありますが、誰もが愛して病まないお菓子の一つです。以前にレビューした「明治 たけのこの里(53袋入り)」も(株)明治の商品ですが、きのこの山なども商品の一つとして挙げられます。アポロは私が小さい頃から存在する銘菓でもあり、たまに駄菓子屋で買って食べていた記憶があります。アポロは下部はミルクチョコレート、上部はイチゴ味のチョコレートの2層になっており、円錐形の形を甘いチョコレートになります。夕食までの間に小腹がすいたらおやつなんかとして食べており、全部食べきったとしもちゃんと夕食が食べれる容量になっていたかと思われます。軽くググって調べてみたところ、「アポロは、株式会社の明治が1969年8月7日から製造販売している粒チョコレートである。全体は円錐形で、側面にギザギザが入っている。この形は1969年7月21日に人類初の月面着陸に成功した後、同年7月24日に帰還したアポロ11号の司令船(地球への帰還モジュール)がモチーフとなっている。ただし、明治製菓が「アポロ」を商標登録したのは1966年で、ギリシャ神話の太陽神のアポロンに由来している。」となっており、アポロ11号月面着陸前から商標登録を済ませていたそうです。でも、言われれば言われるほど、アポロ11号の着陸船をモチーフにしているので、似ていると言えば似ています。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。昔からこの裏切らない味大好きです。カリッと噛むと上層のミルクチョコレートと下層のイチゴ味のチョコレートが分離し、各々の甘い味が口いっぱいに広がり、香ばしいチョコレート味一色になります。一度に二度おいしいとはまさしくこの商品のことであります。箱の中には45袋が小分けされておりますが、1袋の中には11個のアポロチョコレートが入れられており、食後なんかに1袋とちょうど分量的にもイイサイズかもしれませんが、大人にとっては少し物足りない感はあると思います。ただ、こどもにはちょうど良い分量になります。食べすぎることもなく多すぎることもなく。ただ、この箱はでかでか(縦29cm×横20cm×奥行10㎝)と重厚感があるために冷蔵庫には入らないためにお菓子の棚に置いてあるのですが、これがものすごく目立つために子どもが食後に必ずと言っていいほど、アポロを指差してきます。1日に1袋で計算しても45袋/家族3人=15日なので2週間は持つ計算になります。ただ、全般的に全てに言えることですが、多分毎日食べると飽きると思いますので、別のお菓子と代わる代わる食べながら食べ進めることになると思いまし、結構家中にコストコ商品があふれかえっております(笑)。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です