コストコ ヤマサ 昆布つゆ1.8L

1.ヤマサ 昆布つゆ1.8L

購入価格 448円(2019年8月)
本日は、ヤマサの昆布つゆ1.8Lを購入しました。このヤマサの昆布つゆは今でも大変重宝しており、生活必需品の一つてもあります。夏に必ず食べる素麺や冷や麦に必ずと言っていい程、このヤマサの昆布つゆを使用します。いつも買う1Lサイズに比べて1.8Lと0.8L増量となっており、ハンディボトルタイプとなっているためとって使い勝手がある商品になっております。この昆布つゆを製造しているヤマサ醤油(株)をググってみたところ「ヤマサ醤油株式会社は、千葉県銚子市にある醤油を中心とした調味料メーカー。七代目当主濱口梧陵の代で医学をはじめ様々な社会事業に尽力し、現在でも診断用医薬品や抗体試薬などの医薬品も販売している。醤油業界では同社と同じ千葉県に本社を置くキッコーマンに次いで全国シェア第2位。」(出典:ウィキペディア)とのことから、千葉県銚子市にある会社で醤油製造大手6メーカー(キッコーマン[千葉県野田市]、ヤマサ醤油[千葉県銚子市]、正田醤油(キッコーショウ)[群馬県館林市]、ヒゲタ醤油[東京都中央区]、ヒガシマル醤油[兵庫県たつの市]、マルキン醤油[香川県小豆郡小豆島町])の一つでもあります。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。昔からこの裏切らない味大好きです。今回は素麺(参考:「長崎島原 手延素麺1kg(20束)×2個入り」)と一緒に食べておりますが、やっぱりヤマサの昆布つゆが一番合います。食べなれているからかもしれませんが、食品成分にも書いてありますが、昆布エキス、かつお節エキス、昆布、しいたけエキス、酵母エキス、昆布魚介エキス、煮干エキス、そうだ節とうま味のだし類がふんだんに組み込まれております。さらにこのヤマサの昆布つゆは3倍濃縮になっており、いつも薄めて使用することになりますが、この商品の良いところは各々の感覚で濃い味にしたり、薄味にしたりできるところにあります。私は個人的に濃いめが好きなのでついつい濃い味にしてしまいますが、妻とこどもは薄味が好みのようですので、その場合は水を入れて簡単に薄めれますので、なんの手間もいりません。このヤマサ醤油(株)は、単純に社名のとおり醤油だけを製造しているのかと思いきや調味料(液体調味料、うま味調味料、風味調味料)や医薬品類(医薬品、医薬原料、診断薬、バイオ関連商品)の製造・販売も行っているそうです。特に驚かされるのはやはり医薬品を製造しているところにあります。醤油醸造の技術を応用して、調味料や医薬品などを開発する術をもっており、食品や医薬品といった生命に密着した製品を生み出す“生命産業”を目指し、社会へ貢献しておられます。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です