コストコ bibigo 牛骨コムタン韓国クッパの素(2人前×4袋入り)

1.bibigo 牛骨コムタン韓国クッパの素(2人前×4袋入り)

購入価格 698円(2019年10月)
本日は、bibigoの牛骨コムタン韓国クッパの素(2人前×4袋入り)を購入しました。皆さんクッパは聞いたことございますか?私が初めてこのクッパを食べたのが20代のことで、韓国系焼肉屋さんで食べたのが初めての体験でした。この時は本当に衝撃を受けた感覚があります。正式名称はテールスープクッパだったと思いますが、ここでクッパの存在を知ったのとこんなにおいしい食べ物があることを知りませんでした。見た目はごはんにスープがたっぷりかかっており、私が初めて食べたのがテールスープクッパだったので牛のしっぽを入れたスープであり、特にダシがとってもおいしかったのです。参考までに調べたとこと、「クッパは韓国料理の一種で、スープと飯を組み合わせた料理である。「クク」がスープ、「バプ」が飯を意味する。朝鮮半島のクッパはスープとおかずと飯がセットで供され、まれに最初から入っていることもあるが、飯は自分で入れる。スープは辛くないものもあり、別に供されるヤンニョム(合わせだれ)や生のトウガラシ、キムチなどを入れて好みの辛さにしながら食べる。見た目は汁かけ飯と似ているが、飯にスープをかけるのではなく、スープに飯を入れて食べる。」(出典:ウィキペディア)となっております。知らなかったのですが、ご飯をあとからスープに入れるタイプもあったりするのですね。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。これはとってもおおすすめです。日本にいてもなかなか出会える味(スープ)ではありません。だし汁が牛骨コムタンであり、このスープにクッパすべての味がかかっており、この牛骨コムタンが味の肝といっても過言ではありません。牛骨コムタンのコムタンの意味は、韓国語でコムは煮出すことで、タンはスープという意味があり、牛骨を煮出したスープという意味になります。このスープに浸してあるご飯は絶妙においしくて、日本のおじやに当たるかもしれません。ただ、おじや程は煮詰めてあるものではないので、ご飯もサラサラです。ここで私のおすすめなのが調理方法なのですが、トッピングとして牛肉(参考:「USプライムビーフ肩ロース焼肉」)と刻みネギをトッピングすることです。今では我が家でもコストコの肉類もしっかり購入するのようになったためアレンジ料理もコストコ商品で行うようにしておりますが、とにかくこの牛肉を入れることが牛骨コムタン韓国クッパの食欲増進を行う食材になっております。また、この牛肉を入れないとただのおかゆになってしまって全然魅力を感じないのですが焼いた牛肉を数枚入れるだけでも見栄えや食に対するモチベーションも違ってきます。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です