コストコ 日本ハム 無塩せきウインナーアンティエレモン&パセリ(8本入×3パック)

1.日本ハム 無塩せきウインナーアンティエレモン&パセリ(8本入×3パック)

購入価格 638円(2019年9月)
本日は、日本ハムの無塩せきウインナーアンティエレモン&パセリ(8本入×3パック)を購入しました。我が家のウインナーソーセージの消費量は割と高めで、子供はもちろんの妻私と誰もウインナーソーセージを嫌がる人はいません。となると当然のことながら、必然的にウインナーソーセージの消費量が上がってゆく訳で、以前に購入した「日本ハム 骨付きフランクフルト5本入り」は1日で消費され、「生ソーセージバジル&パセリソーセージ」は1週間以内にはなくなりました。このウインナーソーセージに関しては、いつも同じ説明になりますが、初めてこの記事を見られる方もおられるので簡単に説明しますと正式には各々以下の定義があるみたいです。
・ウインナーソーセージ:羊腸を使用または、太さが20mm未満のもの。
・フランクフルトソーセージ:豚腸を使用または、は太さが20mm以上36mm未満のもの
・ボロニアソーセージ:牛腸を使用または、太さが36mm以上のもの
であることから、主に太さによって呼び名をかえているみたいです。今回購入した無塩せきウインナーアンティエレモン&パセリは商品名にもありますとおり、ウインナーとなっていることからも太さが20mm未満のものであることが推測されますが、レモン&パセリとなっていることから、ただのウインナーソーセージではないことが分かりますが、味付けが大変興味深いです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。これは普段食べなれている日本ハムのシャウエッセンと比べたら、塩気もありレモンとの混ざり加減がちょうどよい味わいを醸し出していると思います。噛むと中からこの肉汁が出てくるものの以前にレビューした「生ソーセージバジル&パセリソーセージ」ほどは肉汁はこぼれてくることがありませんし、脂身も割と少ないほうだと思います。というのも、フライパンで焼いているときもいつもプッチン!ジワジワとなるまで焼き続けるのが私の調理方法なのですが、この無塩せきウインナーアンティエレモン&パセリは炒めてもウインナーソーセージの表面は黒くなってくるのですが、プッチン!と破けることはありませんでした。いつも通りウインナーソーセージが破けるまで、炒め続けようと思ったのですが、表面の焼け焦げた黒色部分が増え続けるたけのような感じがしたのでさすがに断念せざるおえませんでした。個人的にはウインナーソーセージの食べ時はプッチン!ジワジワがちょうど良い焼き加減の合図になっていたので、皮が破けなかったので当初は心配しましたが、1口食べれば問題なく中まで火が通っており、口の中に肉汁が広がってきます。また、肉汁をちょうど中和する形でレモンとパセリが薬味の働きを発揮し、ちょうどよいアクセントのある味に早変わりします。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

加熱前
加熱後

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です