コストコ アップル&ブラックカラントタルト

1.アップル&ブラックカラントタルト

購入価格 1398円(2019年11月)
本日は、アップル&ブラックカラントタルトを購入しました。この商品は毎年11月頃になると販売されるみたく、去年度も商品が並んでいるのは見たことがあったのですが、当時は家族で通り過ぎていた時にみんなでおいしそーだねーと言っていたことが思い浮かびました。過去に購入した「トリプルチーズタルト」の入れ物に入っており、外観パッケージを覗き込んだら、アップルフィリングのほか、ブラックカラン(カシス)がふんだんに散りばめられております。この商品の名称はアップル&ブラックカラントタルトとなっておりますが、調べるまでは正直このブラックカラントってなんだろう?っと考えておりました。アップルは誰しもがわかっているりんごでありますが、ブラックカラントとなっていて、中身を一所懸命探してみるもののどれだ?どこだ?と覗き込んでみるものの、紫色のブルーベリー以外にはブラックカラントらしきものは見当たりません。そこで、いつもとおりブラックカラントでググってみたところ、「クロスグリ(黒酸塊、別名クロフサスグリ、英名ブラックカラント、学名は、小さな食用の果実をつける温帯性の落葉低木。カシスとも呼ばれる。果実は黒に近い濃紫色で、ビタミンCやアントシアニンが豊富。他のスグリの仲間と同じく、スグリ科スグリ属に分類される。」とあったことから、英語圏の読み方であることがわかりました。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。これは意外や意外、甘さはほぼ自然のリンゴの甘さのみになります。アップルフィリングも甘く煮詰めてあるわけではなく、なんだろぉ、必要最低限だけ煮詰めた感じがします。なので、リンゴの形もグズグズまで煮詰めたドロドロのアップルフィリングではなく、スライスしたリンゴの形がほぼ原形をとどめており、アップルフィリングを食べてもシャリシャリ感ずっーと続きました。このシャリシャリ感とカシスの甘酸っぱさ感でとってもフルーティであるのですが、まわりを囲っているタルト生地は割と甘めな味付けとなっており、フィリングの甘酸っぱさ感とタルト生地の甘さが合わさってちょうど良い甘さになっております。タルト生地はやや固めでクッキー生地に近い気もしますが、アップルとブラックカラントタルトのフィリングがのっている部分については外側よりもパリパリ感はなく、フィリングと接しているため水分を含んで少しだけグニャリ感はありますが、最下層部のタルト生地がカチカチであるため、包丁を入れても問題なく綺麗にわけることができます。過去に購入した「アップルパイホームメイドスタイル」が、包丁を入れた際にグジャグジャに崩れたことがあったため若干トラウマになっていた過去があったので、報告までに。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です