コストコ パルメザンクリスプ

1.パルメザンクリスプ

購入価格 899円(2019年8月)
本日は、パルメザンクリスプを購入しました。ベーカリーコーナーを歩いていた際に並んでいたのですが、最初は一瞬購入しようかどうしようかためらいました。外観パッケージから覗き込んだ感じはせんべいのような形をしておりますが、近くで見ると凸凹しており、今までに見たこともないような形をしておりました。パルメザンクリスプ…、言葉も聞いたことがないので、パルメザンクリスプを調べても特に出てこなかったので、単語別に調べてみたところパルメザンはパルメザンチーズのことであることは推測できますが、クリスプはカリカリ、パリパリみたいな意味を持っているので、カリカリ食べるパルメザンチーズって感じなのでしょうか。そう考えるとチーズ好きな人にとってはとっても興味深い商品かもしれません。考えてみれが、日本の商品でもチーズがおせんべいの商品はあまり目にしたことがありませんが、唯一思い当たるのはブルボンから出ているチーズおかきぐらいでしょうか。ただ、チーズおかきと言っても一口サイズのおせんべいの真ん中にチーズがちょこんとのっている感じなので、このパルメザンクリスプのように全部がチーズではありません。なので、チーズ好きの私にとっては少し心弾みます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。と、いうよりもとてつもなく味が濃厚で、チーズ好きの私でもこのチーズはくどく感じます。パルメザンチーズってこんなに味が濃いものだと初めて知りました。最初は買ってきたその日にそのまま食べただけだったので、何も考えておりませんでしたが、率直にとっても固かったのが第一印象です。歯が折れるくらい固かったとは大げさかもしれませんが、それくらい固かったです。あとで気がついたのですが、そのあとこのパルメザンクリスプを冷蔵庫で冷やしたあとに翌日食べてみたのですが、サクサク、パリパリでした。特に冷やした後は少し色が白い部分について割と割れやすかったのですが、油分が多い部分はどうしても固さが残っておりました。理由はわかりませんが、当商品を買った当日はコストコ店内自身も湿気があったのか、商品にも湿気があり、フニャっていたことによって油分も温まってパルメザンチーズの固さが復活していたのかもしれませんが、冷蔵庫に入れ、パルメザンクリスプの水分が飛んだ状態によって、パリパリ感が復活したのかもしれません。枚数は24枚入っていたのですが、最後はどうしても食べきれなかったので、手で細かく割ったあとにサラダなんかにかけて食べたら消費スピードは速くなりました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です