コストコ 東洋水産 マルちゃん塩ゆで枝豆1.5kg

1.東洋水産 マルちゃん塩ゆで枝豆1.5kg

購入価格 698円(2019年9月)
本日は、東洋水産のマルちゃん塩ゆで枝豆1.5kgを購入しました。枝豆と言えば、ビールのつまみなんかに最高ですよね!ってあまりお酒を飲むこともないのですが、たまにビールなんか飲むと必須アイテムとして枝豆があげられます。何と言っても、枝豆であれば、スナック菓子をつまみにするよりも栄養価がありカラダにとってもいいと思います。参考までに、「枝豆は大豆の未熟豆のことを指し、豆と野菜の両方の栄養的利点を持った緑黄色野菜です。畑の肉といわれる大豆同様、エネルギー、脂質、良質なたんぱく質に富んでいます。ビタミン類、食物繊維やカルシウム、鉄分など多くの栄養素を含んでおり、大豆には少ないβ-カロチンやビタミンCを含むのが特徴です。」とのことですから、カラダにも良くビールも進んじゃうと一石二鳥じゃんと思いお酒の飲みすぎには注意です。調べでは、「近年の健康志向にともなう日本食ブームの影響もあり、枝豆でも特に塩茹でなど簡単な調理法のものは2000年頃から次第に北米・ヨーロッパなどの日本以外でも食べられるようになっている。イギリスなど英語圏では枝豆は「green soy beans」または「edamame」と呼ばれ、米国ニューヨークなどの日本風の居酒屋では定番のアペタイザーとして振る舞われ、オーガニックフード店やアジア食材を置く店でも気軽に入手することが出来る。」(出典:ウィキペディア)となっており、2000年代になってから、北米・ヨーロッパなどで知れ渡るようになったこと意外でした。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。これはきっとビールによくあうでしょうねー。今回はビールと一緒に食べておりませんが、普通にビールなしでもおいしいです。枝豆自身も肉厚でふっくらしており、噛めば噛むほど枝豆のおいしい風味が味わうことができます。枝豆の解凍方法もお湯に通す必要もなく、水でさっと枝豆の氷付いた部分を洗い流す程度でよいかと思います。これまでは、あったかいお湯でゆっくりと浸して枝豆自体が温まるくらいまでお湯につけていたのですが、個人的にはさっと氷が溶ければいいのかぁと思います。また、塩ゆでになっていることから枝豆自身もうっすら塩っ気があり、とってもしょっぱいってことはまずありません。この塩ゆで枝豆を購入して以外だったことは子供がとっても塩ゆで枝豆が大好きで、ごはんそっちのけでひたすら塩ゆで枝豆を食べ続けていたことでした。みなさん宅のお子さんはどうかわかりませんが、今回初めて知ったことは子どもはとっても枝豆が好きであることです。でも、今振り返ってみれば、自分も小さいときに父親がビールを飲んでいる隣で一生懸命におつまみの枝豆を食べていた記憶がよみがえります。うちの子を横目にそんな記憶がよみがえりました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です