コストコ マスカルポーネロール

1.マスカルポーネロール

購入価格 698円(2019年8月)
本日は、マスカルポーネロールを購入しました。コストコの定番商品と言えばディナーロールですが、今回はマスカルポーネロールとなっていることは単純に考えてディナーロールにマスカルポーネが入っているのかなと推察されます。マスカルポーネと言えば、以前に購入した「ネスレドチェロ 濃厚レアチーズ」の中にもふんだんに混ぜられておりますマスカルポーネを思い出します。その際に少し記載しましたが、マスカルポーネは、イタリア原産のクリーム・チーズであり、乳脂肪分が80%前後で天然の甘味があり、固めに泡立てた生クリームに似ており、日本ではティラミスの材料として一躍有名になったことでも有名であります。このネスレドチェロの濃厚レアチーズを食べたときに初めてマスカルポーネの濃厚なおいしさの意味を知り、ティラミスが濃厚な味がする一つの要因だと知ることができました。今回このマスカルポーネロールの中にマスカルポーネチーズが練り込まれていることからディナーロールがマスカルポーネチーズによって濃厚なパンに仕上がっていること間違いなしと胸に期待を膨らませマスカルポーネロールをカートに入れました。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ディナーロールと比べ味がとってもうっすらマスカルポーネの味が効いております。ディナーロールならではのパン生地の甘さとバター感にマスカルポーネのチーズ感が相まってディナーロールとは違う顔を見せてくれます。ディナーロールと比べて気持ちフワフワ感があり、ちぎってもパサパサ感がなくボソボソしません。が、時間が経てばどうなるかわかりません。ディナーロールも数年前に食べたので、記憶もあいまいですが、ディナーロールの方が若干固かった気がします。というのも最初の1個目はそのまま生のまま食べたのですが、2個目は間にサラダやハム、チーズ何かを挟むためにブレッドナイフ(パン切り包丁)を入れたところ、あまりにもフワフワ感が強すぎて、パンがブレッドナイフに引っ張られうまく切れませんでした。その点、ディナーロールですと、ブレッドナイフを押しても引いても手で抑えているパン自身が動くことはなく、キレイな切断面になった記憶があります。そこもあって、このマスカルポーネロールを食べる時は焼いて、ジャムやスプレッドなどを塗って食べる方がベターではないかなと個人的には感じました。特に最近我が家では「ダウニーズ ハニーバター227g×2個」にハマっているせいか焼きたてのマスカルポーネロールにハニーバターを塗り込み、熱でイイ感じにハニーバターが溶けとっても甘くてマイルドな味わいになります。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です