コストコ 海鮮めんたいペンネ

1.海鮮めんたいペンネ

購入価格 1580円(2019年7月)
本日は、海鮮めんたいペンネを購入してみました。過去のレビューにおいてこのペンネシリーズ「レッドアルフレッドチキンペンネ」「スモークベーコンカルボナーラ」を紹介したのですが、今回は海鮮めんたいペンネになります。外観パッケージを覗き込む感じ、辛子明太子が散らばっているせいか赤々している感じもしますが、全体に占める辛子明太子の割合はそこまで多いものではありません。ペンネの上にシーフードが散らばっており、特に蒸したエビやホタテ、イカなんかの色が、辛子明太子を際立出せているのか、ぱっと見がなんとなーく赤色ぽく見えてしまいます。実は妻との話し合いで、しばらくはこの海鮮めんたいペンネの購入を避けていた事実があります。理由はとっても簡単です。それは辛子明太子が入っており、子どもが食べれるか心配だったからです。とにかく、うちの子は「赤色=辛い」と頭の中でなっているので、ぱっと見赤いとそういう判断をしているのではないかと思います。ただ、トマトは食べたことの経験があるから別ですが、食べたことのない赤色は全て辛いと思っております。概ね間違ってはおりませんが、レッドアルフレッドチキンペンネのようにパプリカの着色で赤くなっているけど、実際は辛くなかったりもします。妻との相談では、私から一つ提案し、「最初は辛子明太子をどかし、ペンネを温めてから子どもが食べる部分はさらによかし、大人が食べる部分については辛子明太子を入れてはどうか?」と伝えたところ、OKしてくれたので購入に至りました。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。シーフードとペンネがパスタソースにしっかりからみあいとっても食べやすくなっております。どちらかというととってもクリーミーな味わいがあり、中にはチーズや青ネギも含まれているので、洋風シーフードパスタって感じがします。食品表示をよく見たら、シーフードミックス(エビ、ボイルホタテ貝、ムール貝、イカ、食塩)となっており、ムール貝も含まれております。このペンネシリーズの調理方法は電子レンジ500Wで10~15分で加熱することとなっておりますが、我が家ではいつもさホップレートを使って温めておりますが、ホットプレートで温めているとうちの子どもが自分もやってみる!って感じでやってくるので、子どものためにも調理過程を見せてやる方が子どもも楽しめて子どものためにもなります。前述でも記載しましたが、子どもも食べるれるように最初から辛子明太子はどかしておき、子ども用の分をとりわけしたのちに、大人用に辛子明太子を加えて炒めなおしました。子どもは前回のレッドアルフレッドチキンペンネで味を知っているので、問題なくフォークでペンネとシーフードを刺しながら食べておりました。では、最後に妻の感想はと申しますと、「辛くなくて、おいしい!」とのことです。私も同じ風に感じたのですが、辛子明太子と言えども、なぜか全く辛くないのです。これにはとても驚きましたし、子どもがおかわりを言ってきたときに、辛子明太子入りの方を与えたのですが、これもまた、抵抗なく食べておりました。ってことは、最初から辛子明太子入りにしていてでも子どもは食べていたということになります。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

辛子明太子なし(子供用)
辛子明太子あり(大人用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です