コストコ ハーシーズ チョコレートシロップ

1.ハーシーチョコレートシロップ 623g×2個

購入価格 878円(2019年7月)
本日は、ハーシーチョコレートシロップを購入してみました。このハーシーチョコレートシロップは妻の勧めあったのですが、第一目的はうちで自家製チョコパフェを作ることが目的でもありました。また、ホットケーキやクレープなんかを作ってチョコレートシロップをたっぷりかけるとめちゃくちゃに甘くなるのでもう最高ですよね。たまに思うのですが自分は男のくせにとっても甘いものが好きなのは、酒もタバコもやらいからか、その反動がきてるのでしょうか?理由はともあれ、昔からとっても甘いもが大好きです。商品を手に取ったときから、おっきい入れ物だなぁーと思いつつ、裏面の食品表示を見てみると、容量が何と623gもあります。国産のチョコレートシロップと言えば、昔から食べなれているのが森永のチョコレートシロップ(200g)なんかが皆様おなじみなのではないでしょうか。よくこの森永のチョコレートシロップを使って、ホットケーキなんかにお絵かきしてみたり、アイスをトッピングしてその上にチョコレートシロップをかけたりとかしてましたが、その森永のチョコレートシロップですら200gなのに当商品はなんとその3倍以上あります。う~ん、はたして全部使え切れるのか、しかも2個ともあるし…と思いつつ、賞味期限を確認してみると1年弱もあったので、これを確認したので即決カートへ。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。まずは、何にもつけずに商品の味そのままを食べてみましたが、当たり前ですがとってもチョコレートな味でかつ常温でもトロトロです。今までなんでチョコレートシロップが固まらずにずーとさらさらな状態なのかなぁーと不思議に思い、軽くググってみたら、板チョコはカカオバターがベースになっているのに対して、シロップは、砂糖水にココアを混ぜてるようなものなので固まらないそうです。自分の知らなかった世界を知ることでどんどん視野が広がって行く感じがしました。そでは、早速、本番のチョコレートパフェを作ってみたので早速実食してみましたが、やはり、このチョコレートパフェの決め手はチョコレートシロップになります。作り方は、妻から教わったのですが、まずは器の底に当商品のチョコレートシロップを底にたっぷりひいたあとにコーンフレークを入れて、アイス、バナナをのせます。そして、最後にこのチョコレートシロップをかければおいしいチョコレートパフェの完成です!!意外と簡単でしょ!?と妻の言う通り、作り方とっても簡単でした。多分、この方法であれば自分ひとりでも作るので長続きするかなぁと思いました。生クリームを入れたらよりおいしくなるかもしれませんが、できるだけ時間をかけずに簡単につくる方が長続きしますので自分は生クリームなしで続けて行こうと思います。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

チョコレートシロップ
手作りチョコレートパフェ

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です