コストコ レッドアルフレッドチキンペンネ

1.レッドアルフレッドチキンペンネ

購入価格 1380円(2019年7月)
本日は、レッドアルフレッドチキンペンネを購入しました。デリカコーナーを歩いていたら、発見し迷わず購入に至りました。以前にレビューした「スモークベーコンカルボナーラ」でわかったのですが、我が家はみんなペンネ好きであり、何よりも子どもがパクパク食べている姿を見ますと本当に安心します。スモークベーコンカルボナーラを購入した時も本当は子どもが最後まで食べるかドキドキしておりました。なので、そのときに初めて我が家はペンネならみんな大丈夫!と確信しました。今回購入したレッドアルフレッドチキンペンネは外観パッケージからも見て分かるように鶏肉の下からレッドが見え隠れしており、正直辛そうだなぁ~っていうのが第一印象でした。商品名もレッド、外から見てもレッドとなっているので、妻からも「私、辛いのは無理だよ。」と完璧に逃げ腰。まぁ、みんな食べなかったら、結局自分が最後全部食べるからいいかなと思い食べる気満々でカートの中へ。レッド色もそうですが、とにかく表面を覆い隠すかのように鶏肉が並んでおり、食品表示を見て気がついたのですが、原材料名にロティサリーチキンの表記が書いてありました。コストコ商品のすごい所はボリュームそうですが、とにかく、余った材料を利用して、さらに新商品を開発しているところが消費者のこころをくすぐります。コストコが余った材料を利用し、新商品を作っていたことを知ったのは「アーモンドクロワッサン」を購入した時でした。この商品も前日にどれだクロワッサンが余ったかによって、このアーモンドクロワッサンを作るかどうかを判断しているみたいです。なので、今回のレッドアルフレッドチキンペンネも余ったロティサリーチキンをうまく利用し、当商品をあみだしたのかもしれません。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。あれ!?てか、見た目よりも全然辛くないのが第一印象でした。そして、このアルフレッドソースが味の要なのかとってもクリーミーな味に仕上がってり、よくよく食品表示を見返してみたら、パプリカペースト加工品(パプリカ、植物油、ナチュラルチーズ、その他)になっていたことから、ただ単にレッドはパプリカの色だけであって味は全く辛いことはありません。それが分かると妻は食べ始め、そして、子どもが妻の食べる様子を見て食べ始めました。このペンネシリーズはとにかくソースとパスタがしっかり絡んでおり、食べやすいのが特徴です。パスタなので皆さんついついフォークでパスタをクルクル巻いて食べるイメージがあるかもしれませんが、このペンネシリーズはスプーンで食べた方が正解かもしれません。私も妻もフォークでペンネをすくう感じで食べてますし、子どもはフォークを立ててペンネとロティサリーチキン刺して食べてました。調理方法の記載としては、電子レンジで500Wで10分から15分になっておりますが、我が家ではいつもホットプレートで温めております。チーズが溶けてペンネに絡んで行く姿や香ばしい香りが漂ってくるところに食欲が沸いてくるし、何より子どもが喜ぶ姿をみるのが楽しいです。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です