コストコ メニセーズミニパン24個入り

1.メニセーズミニパン24個入り

購入価格 498円(2019年7月)
本日は、メニセーズミニパン24個入りを購入しました。この商品は日本テレビの番組「沸騰ワード10」で女優矢田亜希子さんが、週1ペースでコストコに通う際に、必ず買うという当商品メニセーズミニパン24個入りを拝見してから、購入しようかなと決めました。番組では、矢田亜希子さんのコストコ好きが伝わってくるほか、コストコ商品の購入量も半端ないことがわかります。また、このメニセーズミニパン24個入りを1日で消費することもあると言っていったので、4人家族で食べ盛りの子どもがいると消費するスピードも早いのだなぁなんて妻と話しておりました。今までは、この商品がどこに並んでいるのか知らなかったのですが、木村屋総本店あんぱんやドーナツ、ハンバーガー用のパンが並んでいるラック界隈で、段ボールの中に置いてありました。普段から、何気にここの通路は通っているもののいままで、一切気が付かなかったってことは自分の興味があるものしかも見ないのだなとつくづく思います。また、この商品が並べられている段ボール関係は主に加熱処理を加える必要があるために、なるだけ出来合いのものを探している自分たちがいることもまた事実です。家に帰ってさっと食べれるもの、もしくは、レンジで数分チンしてなるだけ手間のかからないものばかりの目線でしかいない自分に反省です。話は戻りますが、当商品の見た目もパッケージもハードで、一部ソフトな感じとなっており、1つパッケージには6個の真っ白のプチパンが入っており、4連セットになっておりました。外観パッケージも「CARAMEL STROPWAFEL キャラメルストロープワッフル」や「TIGREAT CHOCOLATE CREPES チョコレートクレープ」のようなとってもオクシデンタル(西洋風)な感じは伝わってきます。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。これは画期的で、当商品は完全にパン生地を焼いてある状態ではなく、仮焼き状態(半生状態)がパッケージに詰まっているようです。そして、家で本焼きをする際には、軽く水をふりかけ、予熱したオーブン(200~220度)で10分~12分ほど焼くこととなっております。なので、いつでもパンを焼いた状態がいつでも味わえるというのがウリなのかもしれません。オーブンで焼いたあとは購入時の真っ白からイイ感じの小麦色に変化します。出来たてを食べたときは表面がパリッパリのサクサクで中は柔らかく仕上がります。表面がカリカリになったので、中身もバケットのようにカリカリに仕上がっているかと思いきや、柔らかくしっとり系になっております。まずは何も付けずにそのままを食べたのですが、気持ち少し塩っ気を感じました。ショッパイまではいきませんが、日本のパンをイメージしてかぶりついたら、パンの塩分に少しびっくりするかもしれません。1パック6個入りなのでさすがにすべてを何も付けずに食べるのはさすがに辛いので、パンに半分切り目を入れたところに「カークランドシグネチャー ハニーベア」や「ボンヌママン ブルーベリージャム」「ボンヌママン ストロベリージャム」なんかを塗ったあとに、「キリクリームチーズ24ピース」を挟んだりすれば、とっても食べやすくなります。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です