コストコ USAビーフ三角バラカルビ焼肉

1.USAビーフ三角バラカルビ焼肉

購入価格 3754円(2019年7月)
本日は、USAビーフ三角バラカルビ焼肉を購入してみました。外観パッケージから覗いて見ると容量が1020gと普段は最寄りのスーパーでも買わないようなサイズでありますが、コストコなので思い切って買ってみました。以前のピーマンのレビュー(野菜)でも少し書いたのですが、2015年8月コストコオープン時は、ベーカリーやスイーツ、デリカを中心に商品を見ていたので、最寄りのスーパーで買えるような生鮮食品おもに生鮮三品(魚・肉・野菜)は素通りしていたため、それまではコストコでお肉を買うという発想は一切ありませんでした。そんな中、魚や野菜を買って行くにつれて、少しずつお肉についても気になるようになってきたのが本心で、期は熟した!いざ、出陣と言わんばかりに妻と子どもを連れてお肉コーナーに向かいました。いざ、当商品のUSAビーフ三角バラカルビ焼肉を目の当たりにするとまずは外観パッケージのサイズに驚かされます。外観パッケージは約28㎝×20㎝の大きさがあり、中を覗いて一番大きそうな肉でも長さ10㎝×幅6㎝ほどあり、ただただびっくりさせられます。日本のお肉みたいに画一的な大きさでカッティングされているわけではなく、一つ一つが不揃いなところがアメリカンな感じがしますね!それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。まずは、単純に焼いて焼肉にして食べてみました。焼いただけでは、何も味がしないのでとりあず王道の塩コショウで料理してみました。まずは肉厚で食べ応えがあり、噛んだ瞬間から肉のうまみが口の中に広がり、口の中がとってもジューシーになります。また、カルビなのでロース、ヒレなどのような他の部位とは違って脂がとってものっており、肉のうまみが最大限にある部位でないかと思います。少しはずかしい話ですが、三角バラカルビって三角の形をしているのかと思っていたのですが、三角の形なんかしている訳がありません。ググって調べると「三角バラは肩バラの一部のお肉で、1頭から約3kgしか取れない希少部位のひとつです。バラの中でもサシ(霜降り)が入りやすく濃厚な味が特徴です。1箱300g入りで2~3人前(目安)です。」となっていたことからも、この三角バラって取れる量も限られており、とっても希少なんだなとわかったあとは1枚1枚を噛みしめて味わいました。ただ、日本の霜降り和牛とは違い、口の中に入れればとろけていくような感覚はなく、モグモグとしっかりした噛み応えが必要となってきます。二切れ目はどこにでもある定番の焼肉のたれで食べてみましたがこれも昔から食べてきた味なので安心して食べれる味になりますので、子どももパクパクと食べ進めておりました。ちょっとアメリカンに食べたいのであれば、日本ではあまり馴染みはありませんが、「モントリオール ステーキシーズニングソルト」なんかも味にアクセントがついておいしくなるかもしれません。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です