コストコ ガーリックチキンウイング

1.ガーリックチキンウイング

購入価格 900円(2019年6月)
本日は、ガーリックチキンウイングを購入してみました。デリカコーナーのロティサリーチキンと同コーナーにおいてあるガーリックチキンウイングはチキン手羽が入った商品でロティサリーチキンとは異なり、大きさからいったら、日本人向けのサイズで、この商品を見ると愛知県ではおなじみの世界の山ちゃんを思い出します。外観パッケージからは手羽先と手羽元の2種類が入っているようで、手羽先の外観は本当に手羽先唐揚げにており、それが、赤色をしているので、とっても辛そうなイメージがします。ガーリックウイングとだけなっているので、レッドやホットペッパーらしき言葉はどこにも出てきていませんでしたので、辛くはないであろうと購入に至っております。外観パッケージから覗き込んだ感じ、手羽元が6個と手羽先が6個で12個のガーリックチキンウイングが入っており、手羽元と手羽先は均等に配分されている気がします。きっと、小さい子どもがいる家族では、手羽元と手羽先でケンカになる可能性もあるかもしれないのでちょうど半分づつにしてあるかはわかりませんが、皆で分ける際にもとっても分けやすいです。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ガーリックチキンウイングはほぼガーリックの味が強い気がします。他にも香辛料がきいていて、スパイシーな味わいが楽しめます。どこかで食べたことのあるような味だなぁと考えたのですが、これはきっとタンドリーチキンの味に近いです。我が家では、1か月に1回、多い時では1週間に1回はインド系カレー店に食べに行くのですが、その際は必ずと言っていいほど、タンドリーチキンをオプションで頼みます。カレーもさることながら、ナンとタンドリーチキンはお店でしか食べれない味ですし、この日本のから揚げと違い、タンドリーチキンは独特のスパイスが効いた味が楽しめます。そうそう、このガーリックチキンウイングはタンドリーチキンの味がします。手羽元も手羽先もとっても柔らかくて、噛めばガーリックとタンドリーチキンの味がしたあとに、中から肉汁がこぼれだし、肉のうま味が口いっぱいに広がります。このガーリックチキンウイングを食べているとなんだかビールが飲みたくなる気分にさせられます。参考までにうちの子はタンドリーチキンがとっても好きなのでこのガーリックチキンウイングについては抵抗なく食べておりました。ガーリックの香りよりもチキンのうま味を知っているため、なんの戸惑いもなくパクパク食べておりました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です