コストコ フードコート チーズバーガー

1.フードコート チーズバーガー

購入価格 680円(2019年5月)
本日は、フードコートのチーズバーガーを購入してみました。久しぶりにフードコートをのぞいてみるとチーズバーガーが掲載されており、新たな商品だと思い購入にいたりました。一見するとどこにでもありそうなチーズバーガーですが、フードコートから商品をもって出ていくお客さんを見るとチーズバーガーの大きさに圧倒されました。外側は銀色のアルミホイルのようなもので包まれているのですが、マックドナルドのビックマックより大きい気がすると思ったのが第一印象でした。さすがコストコサイズ!と思いならがらググっていたら以前に1/3パウンドチーズバーガーという名前で販売されていたようです。色形は以前の1/3パウンドチーズバーガーとなんら変わらない気がします。そもそも1パウンドってなんだ?からはじまりました。まぁ、いつもとおり、1パウンドをググってみると「1パウンド(ポンド)=453g」となっていたので単純に1/3パウンドということは151gということになります。参考までにマクドナルドの1枚のお肉の重さは1/10パウンド(ポンド)=45.3gで約45gあるそうです。と考えるとマクドナルドの3.3倍の肉の量を使用していることがわかります。ちなみにガストのハンバーグは150gあるらしく、この肉の量に匹敵するみたいです。注文し、しばらく待っていたら出来たのでチーズバーガーが銀紙(アルミホイルではないみたいです。)につつまれており、内側はペーパータオルのような水分を吸い取ってくれる素材となっております。考えたらホットドックと同じ素材の包み紙でした。それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしいです。ほぼ肉の塊で、手で持っていることも大変なくらい、大きなサイズです。ガストのハンバーグみたいに肉汁がしたたりでることはないので、マクドナルドのお肉のような感じです。それが大きくなったイメージかと思います。中にはチーズ、ハンバーグ、赤玉ねぎ、トマト、レタス、ソースなどが含まれており、肉肉しい中にもしっかりと野菜がとれる仕組みになっております。ただ、どちらかという食べ盛りの学生さんなんかが好んで食べそうな感じはします。高齢の方には少々重たすぎるかもしれませんので、ナイフで切ってみんなで食べた方がよいかもしれません。また、その側のバンズもしっかりとしている厚さなので、カッティングの際にはバンズの厚さ、ハンバーグの厚さ野菜たちの厚さもあるので、カットするだけでも時間がかかるかもしれません。全体的にすごーくスパイスがきいているわけではなく、ケチャップ感の方が強いので、個人的にはもう少しくどくてもいいのかぁと思いました。自分がくどいもの好きなのもあります。総じて言えば、さすがコストコサイズのハンバーガーだなぁと思ったのとアメリカ人はみんなこんなの食べているのかぁ?とも思いました。機会があれば、是非、一度ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です