コストコ ハーシーズ クッキーアンドクリーム クランチャーズ

1.ハーシーズ クッキーアンドクリーム クランチャーズ 623g

購入価格 1458円(2019年4月)
本日は、「ハーシーズ クッキーアンドクリーム クランチャーズ 623g」を購入しました。この外観パッケージから外国チックな、エキゾチックな風情を漂わせるところからこれまた購入意欲が高まるのは私だけでしょうか。袋の表面にはホワイトチョコレートで固めたクランチのような様相がとっても魅力を感じます。裏面を見てみますと、原産国はアメリカとなっているので、どうやらアメリカの商品であることが判明。あと、容量が623gとなっており、結構なボリュームがあるのではないかと思います。うんうん、こーいうお菓子は食べきるのには1か月くらいかかるに違いないと一人で想像するのですが、何だかんだ1週間以内で食べきってしますのがいつもの落ちであります。ところで、単純にこのハーシーズいう会社を知らなかったので、ググってみたところ、「ハーシー社はアメリカ合衆国において最も古いチョコレート菓子会社の一つであり、また同社が製造するチョコレートバーはアメリカの肖像である。現在、ハーシー社は他にも多くの菓子製造会社を所有しており、チョコレートをテーマとしたアミューズメント施設であるハーシーパークや、アイスホッケーチームのハーシーベアーズ、ハーシーパーク・スタジアム、ジャイアント・センターを経営するハーシー・エンターテインメント・アンド・リゾート社とも提携している。」(出典:ウィキペディア)とアメリカではかなりの有名な会社なんだと知りました。ほんと世界は広いです…、てか私が狭いだけか(笑)。では、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、うっ、うっ~まい!とってもおいしいです。自分的にはこれはハマる味かもしれません。めっちゃうまい、よくアメリカ人がテレビを見ながらひっきりなしに、ポップコーンやスナック菓子、チョコレートなどをボリボリ食べている気持ちがよくわかる味です。このお菓子をあえて例えるならば、日本の有楽製菓が出しているブラックサンダーをコマ切りにし、食べやすい一口サイズにしてる感じですが、味は全然違います。ホワイトチョコレートで固めてあり、ミルキーな独特の香りがし、不揃いの形で固められております。本当に形はバラバラです。こういう形がバラバラなところがとっても外国チックさを感じられますし、また袋に手を入れてちょっと大き目なサイズの塊を取るとラッキーって感じがします。味自体がしつこい甘さではないので、これが次々に口に入れてしまう原因でもあります。ホワイトチョコレートでコーティングされたクランチが特別に甘いわけではなし、唯一甘さを感じれる部分がこのホワイトチョコレートのコーティング。口に入れた瞬間にザク、ザクする食感なんかがとても食べごたえを感じ、この歯ごたえのあとのじわーと感じるホワイトチョコレートが絶妙にマッチし、食欲ひいては、購買意欲をかきたてます。やばい、これは食べきったあとにもう一度買いに走っちゃうかもしれません。機会があれば是非一度、ご試食してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です