コストコ イタリアンポークサンドウィッチ

1.イタリアンポークサンドウィッチ

本日はデリカコ―ナーに販売しておりました、イタリアンサンドウィッチについてレビューしたいと思います。デリカコーナーでバラエティサンドイッチというサンドイッチの詰め合わせ陳列してあったのですが、当時は購入を一度検討したのですが、まだ、そこまでの購入意欲もなく、妻に購入するかどうかを聞いても、「味が想像つく。」などの冷たい言い方でおじけづいておりました。まぁ、確かにラグジュアリーミニクロワッサンにハムやチーズなどが挟まっているだけだろと想像はつきますが、でも、味わったことのないよなソースが絡みなどと一人妄想を繰り返しておりました。最近では妻もいろいろなコストコの商品を味わってみることで、世界観が広がりがったのか若干ではありますが購入意欲が向上したせいか、または興味があったのかはわかりませんが、購入に賛成してくれました。中のイタリアンサンドウィッチはパストラミビーフサンドウィッチとミートローフサンドウィッチの2種類となっており、パストラミビーフサンドウィッチは牛肉、チーズ、トマトにブラックペッパーをまぶしてあるサンドウィッチで、もう一つはミートローフサンドウィッチはミートローフとチーズがハーブ風味になったサンドウィッチでした。それでは、いざ実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、うまいが、しょっぱい(パストラミビーフサンドウィッチ)肉がゴロゴロ、かぶりついても肉だけが先にこぼれ落ちて行きます。うまいのですが、なぜこんなにしょっぱいのか調べてみたところ、パストラミビーフを使用しており、このパストラミビーフは牛肉を塩漬けにしたあとに燻製にしているみたく、それを薄切りにスライスしたハムだったのでそれが原因みたいでした。くどいようですが、しょっぱいのですが非常においしいいです。また、一緒にサンドされているチーズとトマトが相まってすごく素材のうまさを引き立てていると思います。マヨネーズもかけてありますが、そこまでマヨネーズの必要性を感じないくらいです。(でも、私の中では必要です。)続いて、ミートローフサンドウィッチ。こちらは、至って日本人向けというか、ミートローフとサラダとチーズが入っており親しみやすい味がしました。パストラミビーフサンドウィッチと比べて全然塩辛くなく、食べていてもなんら違和感を感じませんでしたが、唯一、違和感を感じるとすれば、パン生地がものすごく違和感を感じました。パストラミビーフサンドウィッチとミートローフサンドウィッチともにつかわれているパンなのですが、フォカッチャのような、パニーニのようなパン生地ですが、手でつかむとギトギトしておりました。これだけが、少し残念で、試食する際にも常に台ふき、もしくはおしぼりが必要かなと感じました。

ミートローフサンドウィッチ
パストラミビーフサンドウィッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です