コストコ bibigo 水餃子 肉&野菜

1. bibigo 水餃子 肉&野菜 800g

購入価格:958円(2019年3月)
本日は、bibigoの水餃子についてレビューしてみたいと思います。この水餃子は韓国のメ-カーCJジャパンが出している商品の一つの水餃子ですが、ミチョなどを取り扱っている会社でもあります。この餃子といえば、焼き餃子をはじめ、水餃子、揚げ餃子、蒸し餃子などいろいろあると思われますが、今回は水餃子になります。我が家では大抵、1週間のおかずに行き詰まった時は必ず味の素冷凍食品の餃子を焼いて食べます。やはり餃子は焼いて食べるのが一番おいしいと思う今日この頃で、水餃子と言うと、やはりワンタンメンのイメージが一番強いかなと思います。話はそれますが、この味の素冷凍食品の餃子は油をひかずに、冷凍の餃子を並べ、水を入れ、蒸し焼きにし、水が飛んだら餃子の中から油が染み出て、あとは焼きの状態に入り、いい感じの焼き入りで仕上がります。また、餃子羽根が出来てパリパリ食べやすい状態になります。で、話を戻しますと、水餃子は焼餃子と比べるとプライパンの油の量や火加減などを心配せずに、お湯に入れるだけで、らくちんと言えば、らくちんかもしれません。また、まず調理過程で失敗することはまずないので、麻雀で言う安牌と言えば、安牌であるかもしれません。また、水餃子をお湯に入れる際にハングル文字と緑のパッケージがなんだか、とても健康食的な印象を受けるのは私だけでしょうか?それでは、実食へ。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん、おいしい!餃子1つ1つが一口サイズになっており、とても食べやすい!餃子の中には具がぎっしり詰まっており、十分な食べごたえがあります。箸でとってもプルプルしており、噛んだ瞬はに口の中に肉汁が広がり、スープと一緒に飲めば、抜群の味です。にらやにんにくの匂いが多少きつい気がしますので、この系統が苦手であれば、ちょっと食べるのが辛いかもしれません。私はこの系統が好きなのでバクバク食べましたし、子供も嫌がるかと思っておりましたが、以外に一生懸命食べていたので安心しました。今の時期はまだ寒さが残っているので、我が家ではまだ食べをしておりますが、この鍋なんかの具材に付け加えるなどするととってもおいしいかもしれません。煮すぎても形崩れが起きず、モチモチプルプル感を保っております。最初は何も付けずに食べたのですが、餃子と言えば、やっぱり醤油かと思い、醤油を付けて食べてみました。個人的にはポン酢が好きなのです、ほとんどポン酢で食べたのですが、醤油では個人的にくどくなった感があります。ポン酢であれば、醤油感もそこまで強くはなく、酢の酸っぱさも相まって水餃子のおいしさが引き立つような気がしました。また、3分茹でるだけの手軽さは、水餃子ならではの料理ではないかと思います。是非一度、ご試食あれ~。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です