コストコ ラグジュアリーミニクロワッサン

1.ラグジュアリーミニクロワッサン 15個入り

購入価格 798円
今回、購入したのはラグジュアリーミニクロワッサンについてレビューして行きたいと思います。クロワッサンの商品より少し小さめな意味でミニクロワッサン。ここまではわかりますが、ラグジュアリーってなんだ?と思い、ググってみましたら、「ぜいたくなさま。豪華なさま。また、ぜいたく品。高級品」と出てきました。ということは、贅沢なミニクロワッサンという意味なのか?と考え、これはきっと贅沢な味に違いない!と勝手に期待を膨らませいざコストコベーカーリーコーナーへ。ズラリと並んだラグジュアリーミニはクロワッサン1箱で15個入り。で、798円ということは、1個当たり、789円/15個=52.6円≒53円とはかなりお買い得です。普通のクロワッサンは、1個当たり、899円/12個=74.916≒75円。となると75円-53円は22円安くなりますが、ボリュームがある方が好きだという方はクロワッサンを小さく食べやすい方が好みという方は、ミニクロワッサンを選べば良いかなぁと思いました。あと、気のせいか、普通のクロワッサンと比べてこのラグジュアリーミニクロワッサンは通ツヤがあり、テカっているような気がします。練り込まれてバターの量なのか、焼き方の問題なのか。見た目にツヤがあればパリパリ感があるのに違いない!と勝手思ってしまうのは私だけかしら…。

2.味について

では、一口パクリ。う~ん。バター風味のクロワッサン、口の中にバターの風味が広がります。やはり、思っていた通り、触感はパリパリしました。これは、食べる前に一度、オーブントースターでチンした方がもっとパリパリ感が出るに違いない!と思いましたが、まずは、何も手を加えずに頂きました。パン作りの知識がない私ですが、さすがにこのラグジュアリーミニクロワッサンはバターをふんだんに使っているのだろうなぁと思いました。試しに、妻にも感想を確認したのですが、「うん、これはバターをたくさん使ってい味だね」と言ってました。これが、いわゆる、グジュアリーの意味なのかもしれません。(妄想)妻に確認したのは、妻はかつてイオンモールに入っているABCクッキングスタジオに通っていたことから、パン作りには若干、精通しております。そこのパン教室の話になりますが、デニッシュ系のパン(クロワッサン含む)はすべてパンが層を成しておりますが、あれはすべて生地の間にバターを練り込んでいるらしく、それがパンを焼くことによってバターが溶け、生地が焼け、あのパリパリの触感が表現できるみたいそうです。あと、余談ではありますが、15個も入っておりますので、当然、賞味期限内に食べきることはできませんので、冷凍保存が最適かと思います。他のコストコ商品も同様かもしれませんが、うちでは、ジップロックに包んでパンが乾燥しないように保存しております。参考までに。

近くにコストコがない方は、以下からも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です